マインドフルネス瞑想におすすめのアプリ muon

瞑想アプリを探している人
マインドフルネス瞑想をしたいんだけど、何かおすすめのアプリってあるの??
今日はこういった疑問に答えていきたいと思います。
おすすめな人
  • マインドフルネス瞑想のアプリを探している人
  • 瞑想を習慣づけしたい人

muon - 瞑想/マインドフルネスで日常をリセット

muon - 瞑想/マインドフルネスで日常をリセット
開発元:yoggy, incorporated
無料
posted withアプリーチ

おすすめは「muon」

結論から言いますと、おすすめアプリは「muon」です。

 

そもそもmuonは、スタジオ・ヨギー新宿WESTに併設されオープンした日本初の瞑想専用スタジオです。

 

そしてこの瞑想専門スタジオmuonはアプリである「muon」を開発しました。

 

詳しいことは公式ホームページを確認してください。
公式ホームページはこちら

 

ではなぜおすすめなのか理由とともに説明したいと思います。

なおおすすめなイヤホンはこちらで紹介しているので参考までに。

 

スポンサーリンク

「muon」がおすすめな理由

 

音声ガイダンスがあり初心者でも分かりやすい

まず1つ目として音声ガイダンスがあり初心者でも分かりやすい点です。

 

瞑想をある程度やっている人は1人でできるのですが、初心者の場合やり方がわからず本当にできているか心配になります。

 

実際僕もできているか不安でした。

 

しかし、「muon」では音声ガイダンスがありそれに従って瞑想を行えば正しくできます。

 

状況別で最適な瞑想を行うことができる。

二つ目の理由として、状況別で最適な瞑想を行うことができます。

 

「muon」のアプリでは、「目覚めの後の瞑想」、「通勤中の瞑想」、「寝る前の瞑想」など様々な状況に最適な瞑想法がいくつかあります。

 

数えたところ約16種類ありました。

 

毎日同じ瞑想では飽きる人でもこれだけあれば飽きることはないと思います。

 

ほむくま
なかには「締め切り直前のラストスパート」という状況の瞑想もありました!

最新のテクノロジーを活用した効果測定ができる

また「muon」では最新のテクノロジーを活用した効果測定できる「muon測定」があります。

 

muon測定とは、スマートフォンのカメラで心拍の揺らぎを測定し、自律神経の状態を判定することができます。
※現在はIOS版のみ

 

簡単に言うと、リラックスしているのか、集中しているのかを見ることができます。

 

muon測定画像

 

こんな感じでわかります。

 

これは寝る前の瞑想後の測定した結果ですね。

 

写真のようにリラックスは63%と少しだけリラックスしていることがわかります。

 

こんな風に自分がどういった状態なのかを確認できるのはいいですね。

 

スポンサーリンク

実際にmuonを体験した感想

実際にやってみたところ、瞑想後はかなり思考がクリアになっていました!

 

言葉にして表現するのが難しいのですが、余計な雑念などがなくリラックスした状態といえばわかるでしょうか。

 

今までは、5分間マインドフルネス瞑想を行ったのですが、途中で雑念が入ってきてなかなか思うようにいきませんでした。

 

マインドフルネス瞑想の場合は雑念に気づくことが重要なので雑念がたくさんあっても大丈夫、ちゃんと気づくことが大切と本を読んでいたので間違っていないのですが、なかなか効果を実感するのには至りませんでした。

 

しかしmuonを使った瞑想では、実際に瞑想後は思考がクリアになりました。

 

これには大変驚きましたよ。

 

特に昼食後での瞑想が一番効果的でした。

 

昼食後はどうしても眠気が来てしまいなかなか集中することができません。

 

眠気を我慢しても効率が落ちるだけなのでもったいないです。

 

しかしmuonによる「午後に向けての再チャージ」という瞑想をした後では眠気がなくなり思考がクリアになりました。

muon - 瞑想/マインドフルネスで日常をリセット

muon - 瞑想/マインドフルネスで日常をリセット
開発元:yoggy, incorporated
無料
posted withアプリーチ

 

たった10分間の瞑想で集中力が高まるのでこれは便利だと思い、昼食後は毎回やることにしました。

 

muonのデメリット

大変素晴らしいmuonなのですが、デメリットが少しだけあります。

 

それは課金しないとほぼ使えないのです。

 

アプリ自体は無料なのですが、全機能を使いたい場合はサブスクリプションを購入しないといけません。

 

無料でも1つのテーマの瞑想を行うことができますが、より多くの瞑想をしたいって方は有料版をおすすめします。

 

1か月500円なのでそこまで高くありません。

 

また1年版を購入すれば4200円と安くなります。

 

外食を1度辞めれば元は取れるので、本気で瞑想をしたいって人はおすすめです!

 

muonを使った瞑想のおすすめ時間帯

これは僕の主観的な意見ですが、おすすめの時間帯を3つ紹介していきたいと思います。

 

お昼後の瞑想

これは先ほど簡単に説明しましたが、お昼後に瞑想を行うことをおすすめします。

 

目をつぶり呼吸に意識を向けるだけで、脳の疲労が回復し午後に向けて最高のスタートができます。

 

勉強や仕事で疲れた時

人は長時間物事に集中することができません。

 

集中力について調べてみたところ、人は15分間しか集中できないことがわかりました。

 

Aさん
え!? 全然集中できないじゃないか
と思うかもしれませんがこれは最も集中できる時間です。

なので15分ごとに休憩をすることで最大パフォーマンスを維持できます。

 

しかしこれは現実的ではありませんね。

 

よく調べてみると45分間も一つの区切りとして挙げられていますね。

 

確かに小学校の授業は45分でした。

 

なので理想を言えば45分間勉強や仕事をしたら瞑想を行うことをおすすめします。

 

参考サイト 人間が集中できる時間にはリズムがある!?15・45・90の法則とは

寝る前の瞑想

寝る前もおすすめです。

 

寝る前に瞑想をすることで脳をクリアにでき快適な睡眠をとることができます。

 

僕も睡眠の質を向上させるために瞑想を毎日行っています。

 

まとめ

muonという瞑想アプリはこれからマインドフルネスなどの瞑想を始める方にぴったりなアプリです。

 

これを毎日続けていけばおそらく今までとは違った視点や思考を持つようになると思います。

 

僕自身も毎日瞑想を行いどういった効果があるか発信していきたいと思います。

 

また最後に大事なことを言うと毎日継続することがポイントです。

 

瞑想は1回やっても効果はあるのですが、本質を変えるためには毎日継続する必要があります。

 

そして継続するためには習慣化することも重要です。

 

もし瞑想を習慣化して良くなった!!などの意見があればコメントやツイッターなどで報告してくれると嬉しいです!

muon - 瞑想/マインドフルネスで日常をリセット

muon - 瞑想/マインドフルネスで日常をリセット
開発元:yoggy, incorporated
無料
posted withアプリーチ

 

  • マインドフルネス瞑想初心者におススメなアプリは「muon」
  • muonでは、音声ガイダンスや瞑想の種類が豊富
  • 全機能使うにはサブスクリプション購入が必要だが値段以上の価値がある

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事