iPadを使った勉強にはGoodNotesがオススメ!

iPadを使ってノートやメモを取りたいです。オススメのアプリがあったら教えてください

 

今日はこういった疑問に答えていきたいと思います。

結論から言うと「GoodNotes」がオススメです。

 

大学の授業や勉強はiPadを使ってノートを作ろう

学生のみなさんは、きっとメモをとる機会が多いことでしょう。

 

ある時は、メモ帳に一日のタスクを書き出してみたりします。
またある時には、講義中に重要なことのメモをとることもあります。

 

ここで、メモをとるときにおすすめするのは、iPadを使うことです。

 

メモをとる際には、なぜiPadを使ったほうがいいのでしょうか。それを今から説明しましょう。

iPadを使えばノートを整理できる

ノートをとるのにiPadを使う一番のメリットは、今までに書き溜めたノートを整理できることだと思っています。

 

これは紙でノートをとる時には絶対にできないであろうことです。

 

紙のメモ帳を使うと、一冊の中にさまざまなジャンルがばらばらに残されていることになります。
これだと後で読み返すときにも困りますよね。

 

しかし、iPadを使えばそのような心配はありません。

 

iPadを使っていれば、腐るほどメモをとっても容量の心配はほとんどありません。それでいて、iPadではたくさんのノートをきちんと整理できます。似たジャンルのノートを同じフォルダ内に保存もできます。

iPadを使えば見やすいノートが作成できる

紙にメモをとる時には、様々な筆記用具を使えば見栄え良く仕上がりますよね。

 

見やすいノートは紙でしかとれないんだ、と思いきや、実はiPadでもできます。

 

iPadのような電子機器でメモをとる際にも、様々なペンを使用できます。

 

たとえば色や太さ、ペン先などを細かく変えられます。
ラフなメモをとることもできれば、カラフルでポップなメモを作ることも可能です。

 

iPadでノートをとる場合でも、手書きに遜色ないノートを作れることは魅力ですよね。

 

しかも、デジタルならではの魅力もあります。たとえば、矢印や吹き出しといったよく使う記号は保存しておくと使いまわしができます。

 

メモをとる紙も、無地なのかマス目付きなのかをその場に応じて使い分けることもできるのも特徴的です。

ほむくま
注意点として実習先やお客さんがいる場でiPadを使う際は、必ず事前にiPadを使ってもよいか確認しておきましょう。まだiPadを使ってメモを取る人は少ないのでもしかすると怒られてしまうこともあります。

 

スポンサーリンク

GoodNotesはメモやノートを作る上で万能

メモをとる時には、iPadを使ったほうが良いことをお伝えしてきました。

 

しかし、これから紹介するアプリケーションによって、よりメモがとりやすくなります。

 

それが、「GoodNotes」というアプリです。GoodNotesをインストールすれば、メモやノートをとることがとても楽しくなるでしょう。
まずは、GoodNotesを使うことの魅力を紹介していきます。

直感で操作しやすい

メモは、必要なときに素早く書いたり見れたほうが良いです。メモを素早くとるだけなら紙にしたほうがずっと早いでしょう。

 

メモの手軽さとは別のメリットがあるにしろ、iPadでメモをとる際も手軽であるに越したことはありませんよね。

そこで、GoodNotesの出番です!
GoodNotesのUI(ユーザーインターフェイス)は誰にでも一目でわかるようなデザインになっています。

 

使いたい機能があるときには、すぐに探し出せて使えるような見た目です。

こだわったメモを作ることもできる

iPadだからできるメモのとり方は、たくさんあります。デジタルの力を駆使すれば手軽に様々な機能が追加できるからです。

 

特に、GoodNotesにはメモをとるのにうってつけの機能がたくさんあります。

 

例えば、ペンの選択肢はボールペン、万年筆、筆の3種類あります。

 

この中にある筆を使うと、筆圧の強弱によって太さが変化します。

 

筆圧も表現できるのであれば、メモのとり方の幅が広がりそうですよね。iPadのアクセサリであるApple Pencilを使用するのもアリです。

 

他にも、ペンの色を自在に変えられたり、蛍光ペンを使うこともできます。さらに、画像や動画などのメディアを添付することができます。この機能を使っても、よりメモの幅が広がりそうです。

 

スポンサーリンク

iPad勉強におけるGoodNotesの使い方

GoodNotesを学生の皆さんが使うと、以下のようなことができるでしょう。

その1:まとめノートを作ってみる

学生であれば、勉強することが大変に感じますよね。そこで、GoodNotesを使って勉強の質を上げてみましょう。

 

例えば、GoodNotesの機能の多彩さを使えば、勉強内容のまとめを作成できます。講義で習ったことや、自習したときの内容でも構いません。

 

GoodNotesに搭載されているペンや色を使うと、自分なりに知識を整理できます。しかも、iPadさえあればいつでもノートを見返せます。

その2:スケジューリングする

GoodNotesで予定帳を作成することもできます。

 

最近はカレンダーアプリにスケジュールを記入する人も増えてきました。しかし、その機能に物足りなく感じませんか?

 

しかし、《GoodNotesでスケジュールを管理すれば、自分の好きなように作成できます。》

 

例えば、誕生日や記念日を強調したい時には、好きな色で書いたり、周りにイラストを書くことができます。これは他のカレンダーアプリでは到底できませんよね。

 

カレンダーにしろ、手書きの方が温かみがあります。なので、自分のお気に入りができるかもしれません。

 

確かにGoodNotesはメモ用のアプリですが、工夫すればメモ以外のたくさんの用途に使うことができるかもしれません。この機会に、メモをとるのに最適なGoodNotesを使ってみませんか?

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事