【薬剤師国家試験対策】生物の勉強法

こんばんは!ほむくまです!

今日は生物の勉強法について紹介していきたいと思います。

 

生物は難易度にばらつきがあり、対策が難しいです。

 

さらに問題文から読み解く形式の出題も多いので読解力も必要になります。

 

生物などの基礎科目については早めに対策することが重要です。

この記事を読むとわかること
  • 生物の勉強法を学ぶことができる

 

生物の勉強法フローチャート

基礎知識を学ぶために問題演習をする

基本は問題演習をしましょう。

過去問を5~7年分解きます。過去問演習は問題形式の把握や基礎知識の取得に役立ちます。

 

さらに国試がわかる本などを使い、問題演習をすれば知識のもれがなくなると思います。

 

例外的に基礎知識がない人や苦手な人は教科書を使って勉強しましょう。
生物については青本を読めば基礎知識はつきます。

 

マインドマップを使って関連性を見つける

生物は覚えることが多いのでマインドマップを使って勉強することをオススメします。

 

さらに生物は薬理と関連性が高いので一緒にマインドマップを使って勉強すると効率がよいです。

画像はマインドマップの例です。

図や実験問題などに対応できる力をみにつける

生物でも図や実験などから判断する問題が出題されています。

 

知識だけではなく、思考力、判断力、読解力なども必要になり難易度が高くなっています。

 

図や実験問題を解けるようになるには多くの問題に触れるのが一番です。

 

最近の国家試験の過去問を解いたり、薬ゼミなどの予備校で作られた問題を多く解いて慣れておきましょう。

 

また読解力は普段から読書をしていると自然とついてくるのでオススメです。

 

スポンサーリンク

解剖学はアプリを使うとわかりやすい

解剖についてはアプリを使って視覚的に勉強するとわかりやすいです。

 

105回の国家試験では腎臓の模式図から腎盂の位置を解答させる問題が出題されました。

【参照】第105回薬剤師国家試験必須問題問11

今回の問題では場所を知っていなければ解けないです。

 

そのため主要な臓器や部位については暗記しておくことが大事ですね。

 

そこでオススメなアプリとして「ヒューマン・アナトミー・アトラス」です。

 

ヒューマン・アナトミー・アトラス2021

ヒューマン・アナトミー・アトラス2021
開発元:Visible Body
¥3,060
posted withアプリーチ

 

 

「ヒューマン・アナトミー・アトラス」は3D人体模型アプリであり、解剖学を学ぶのに大変役立ちます。

 

例えば105回の必須で出題された腎盂についてアプリを使ってみてましょう。

 

こんな感じに場所を立体的に把握することができます。

 

さらに臓器の役割や働きなどの情報も書いてあり勉強に役立ちます。

 

ただ通常価格は約3000円と高額です。

 

運よくセールが来れば120円で買うこともできます。
私は120円の時に買いました。

次回のセールがいつくるか不明ですが、逐一チェックしておくことをオススメします。

 

ほかにも複数のアプリがあるのですが、迷ったら今紹介したアプリだけで大丈夫です。

ほむくま
セールの時に全部かうのもいいですよ!私は全部買いました!
スポンサーリンク

免疫学はイラストが豊富な教科書を使うと理解しやすい

免疫学はイラストがあるとかなり覚えやすいです。

 

文章だけでもある程度理解することはできますが、イラストがあるとより効果的です。

 

オススメ本は「休み時間の免疫学」

 

 

本書は図が豊富であり、免疫学の全体像を把握するのに役立ちます。

 

本書を理解できたのであれば、基礎的な内容はできているので、あとは過去問演習をしてアウトプットしましょう。

 

ちなみに病気がみえるシリーズの免疫vol.6 免疫・膠原病・感染症もイラストが豊富でわかりやすいです。

 

 

免疫学をしっかり学びたい人は休み時間の免疫学、病態も学びたいとは病気がみえるを買うのがいいと思います。

まとめ
  • 図や実験から読み解く問題を多く解いておく
  • 解剖学はアプリを使うとわかりやすい
  • 免疫学はイラストが豊富な教科書を使うと理解が深まる。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事